私を鬼女にした毒家族!本当にあった女の人生Vol.18無料情報&【体験談】虐待の実話

虐待に気づいてください。
身近な虐待の話やリアルなマンガを通して、まずは知ってください。




私を鬼女にした毒家族!本当にあった女の人生Vol.18無料情報&【体験談】虐待の実話

本当にあった女の人生ドラマ Vol.18 私を鬼女にした毒家族

私を鬼女にした毒家族

私を鬼女にした毒家族無料読み情報

本当にあった女の人生ドラマ Vol.18 

テレビドラマ化で超話題の
レディースコミック
「本当にあった女の人生ドラマ」の第18弾! 

今号の特集は
「私を鬼女にした毒家族」

晩婚だった姉夫婦の家に
頻繁に遊びにやってくる実の妹。

娘の保育園の送り迎えを手伝ってくれたり、一緒に夕食をとったりと

仲の良い妹だったが、陰でとんでもない裏切り行為を働いていて…!?

 

そのほか、認知症になった母や、
性悪な姑、ウソつきな義妹
など許せない身内との
トラブルてんこ盛り!

読者から寄せられた
衝撃的な投稿を5本収録。

まずは無料の試し読みがおススメです。

↓↓↓ クリック ↓↓↓

>> マンガ無料読み!コチラから <<

リンク先の  右上↗ 検索窓🔎 で
 『私を鬼女にした毒家族
      と入力するとすぐ読めます。

 

体験談】児童自立支援施設に実習

大学生の時に児童自立支援施設に実習に行きました。

その施設では、様々な家庭環境の中で
生活してきて、行き着いたのがその施設でした。

私が担当した子どもの何人かは
親からの暴力や育児放棄を経験していました。

普段は普通に会話しているのですが、
何かきっかけでスイッチが入ると、

その子どもの雰囲気がガラッと変わって行きました。

表情も乏しくなり、
口数も少なくなることが多々ありました。

中には急に泣き叫んだり、
暴れ出す子どももいました。

当時学生で、どう対応すれば良いのか分からず、
ただ、オロオロするばかりでした。

大学で学んでいることなんて
ほんの些細な知識だけであって、
実際あまり役に立たないものだな
と客観的に思った時もありました。

人格形成に多大に影響を与える時期に
虐待という経験をした子ども達の心には
一体何が残るのか、
何を失ってしまうのか考えさせられました。

 

【虐待】を無くすためには【何】が必要だと感じますか?

愛情、理解

 

 

私を鬼女にした毒家族マンガ
無料で読む方法

 

私を鬼女にした毒家族
本当にあった女の人生ドラマ Vol.18 私を鬼女にした毒家族

⇓ ⇓ ⇓ クリック ⇓ ⇓ ⇓

>> 無料でマンガを読むならコチラ <<

 

 

 

【虐待の体験談】シングルマザー

 

シングルマザーの方が、

「あの子の親シングルマザーなんだって。」
「だからなのね~!!」

と言われない為に

必死に自分が思う教育をしていて


その教育が行き過ぎ毎日イライラピリピリし、

少しの間違いで手を挙げる、

罵声を浴びせる等の虐待をしていました。

 

私は近くで見て来ていたので彼女に
「肩の力を抜かないと

貴方も子供達もダメになるんじゃないか?」
と話してみたり

子供達を預かり、母親に1人の時間を
楽しんでもらったり、週末は家族ぐるみで
遊びに出かけたりしました。

 

彼女は自分が虐待をしている自覚を持ち
このままではダメだ。
と思えるようになってくれました。

 

ですが、1週間もすればまた虐待をする。

 

この繰り返しで遂に彼女自身が精神病になり、
子供達と一緒に過ごす事すら出来ない状態になりました。

 

今現在彼女は一人で生活をし、
子供達は祖父母と生活をしています。

 

そんな中虐待をされた子供達は

「ママは今しんどいの。

病気と戦ってるから僕達は頑張らないといけない。」

 

「僕達がいい子で居たら
ママは叩かないから、僕達が悪い」

と言いました。

 

虐待をした彼女も今辛いだろう。

 

でも虐待をされた彼らは何故こんなに
優しくいい子なんだろう。辛くないのか?

と思いました。

虐待の内容にもよるのかも知れませんが、
いくら怖い目にあっても

お母さんは悪くない

と言っている優しい子供達の為にも一刻も早く
彼女に元気になってもらいたいと凄く思いました。

 

【虐待】を無くすためには【何】が必要だと感じますか?

 

何が必要なのかははっきり言って分かりません。

でも、私自身は子供達の話しは
時間を作ってでも聞いて悪い事をしたら
すぐ怒るのではなく、
じっくり話し合いをし
お互いが納得するまで話し合う。

 

子供一人一人と私だけの時間を作る。

など色々考えながらやってます。

虐待は回りのサポートも無いと
無くならないと思います。

育児を相談出来る人が回りに居る環境は大切だと思います。

 

私を鬼女にした毒家族
⇓ ⇓ ⇓ クリック ⇓ ⇓ ⇓

>>まずはサンプル無料読み<<

 

 

体験談】私は最近児童相談所に通っています。

今現在3歳女児、赤ちゃんの頃は大人しく扱いやすく
とても楽でした。

でも、年齢が上がるにつれてひきつけを起こすほど泣く

何度言っても覚えない。

どれだけ簡単な作業もできない。

注意すれば1日でも泣き続ける。

私も気がおかしくなり、子供を殴ったことが何回あるか・・・。

世の中ではこれが虐待っていうんだろうな。

でも、私はそんなことなどしたくない。という気持ちと
子供とうまく向き合えず手を挙げてしまう自分と

常に私は2人いるような状態。

私が正常な生活、何より子供が
恐怖を覚えない生活を手に入れるために
日々願っていたこと。

”誰か虐待の疑いがあると、警察に通報してください!!”

でも、最近すべてが解決しました。

子供が自閉症スペクトラムでした。

すべての行動が彼女の個性でした。

そして、子供の支援を適切に行うために児童相談所に通っています。

 

 

私は手を挙げることはもう一切ありません。

おかしくなって奇声をあげることも。

子供ももちろん、私におびえるような目を
むけることもなく、困ったことがあれば
ママ助けてほしい。

どんな些細なことも私を頼るようになりました。

 

【虐待】を無くすためには【何】が必要だと感じますか?

自分の経験から言える事は子供をよく観察すること。
思わず虐待してしまうということは、
親か、子供どちらかに必ず原因があります。

それは目に見えることではなく、

例えば親ならば 殴られてしつけられ、
守らないと家にも入れてもらえなかった過去があり

こころに深い傷がある。

今は精神的な障害の基準は以前と比べればとても広いです。

なので、親自身が生きづらさを抱え、
それが虐待へつながっているならば

診療内科へ相談してみること。

 

そして親が自分の問題を解決すること。

 

もし子供ならば自分はどういうときに
虐待をしてしまうのか、パターンが見えてきます。

虐待を疑われるような
暴力をふるってしまうパターンが
いつも同じならば
子供自身が
心も体も傷付き、崩壊寸前かもしれません。

 

もし、子供を虐待していまう。
という自覚が親や周りにあるならば

それに気づいた方が、
せめて子供だけでも小児科へ連れていくべきです。

体の傷をみせるのではなく、
こういう時が頻繁にありとても困っています。

 

子供の気持ち、
精神的な状態を相談してください。

そうすれば何か糸口が見つかるはずです。

 

虐待する側、される側どちらも
心が病気になっていることがあります。

大人は心療内科、子供は小児科。

もしくは同時に受診できる診療内科があれば
そちらへ軽い気持ちで相談してみてください。

診察に行って何らかの原因がどちらかにあれば
通報されて逮捕ということはありません。

 

虐待をなくすには何が必要か。
互いの心のケアが必要不可欠です。

鬼女。きっかけは同じかもしれない。⇓ ⇓ ⇓ 

私を鬼女にした毒家族
本当にあった女の人生ドラマ Vol.18 私を鬼女にした毒家族
⇓ ⇓ ⇓ クリック ⇓ ⇓ ⇓


>> 新しくなった まんが王国 
無料試し読み 出来ます!<<

 

体験談】娘を引き取らせないようにしました

私の実体験の話なのですが、
元旦那に娘がおり
仕事上の事で、
私と結婚するまでは娘は児童養護施設にいました。

結婚を機に、引き取りの方向で話を進めていました。

色々と遊びに行くと、元旦那がいる時は
自分から話すことはなく、

ニコニコとして
元旦那の言う事に全て頷くだけでした。

質問したりした時も頷くだけでした。

私と2人きりになると、たくさん話をしてくれ

元旦那が質問した内容を聞き直すと、
全て全く違う回答ばかりで、

もしかしたら、
怯えてるんじゃないかと思いました。

初めての外泊の日に、私は風邪を引いてしまい

延期にしてほしい

と頼んだ所、可哀想だからと強引に
外泊をさせて、

元旦那は飲み会があるから出かけようとし

私が怒ると、
娘を連れて飲み会に行きました。

喘息がある5歳児の娘を居酒屋に。

8時ごろに帰るからと行って出てきました。

8時になっても帰って来ず、連絡も取れず

連絡とれたのは10時半

娘を一旦置いて二次会行っていい?
と言われ大喧嘩になったことがあります。

この事がきっかけで離婚になりましたが
児童相談所には全て話をして、
娘を引き取らせないようにしました。

 

【虐待】を無くすためには【何】が必要だと感じますか?

虐待をなくすには、周りのサポートが必要だと思います。

昔は地域密着型で近所同士で
子どもを育ててるように感じましたが

今は1人で子育てしてるので
周りのサポートが必要だと感じます。

 

私を鬼女にした毒家族

>>マンガをサンプルで読む コチラ 

 

体験談】食・生活の虐待

 

子供への食に対する虐待や、
生活面での虐待について話します。

なぜこの虐待についてなのかというと、
私の友達にそのような事を子供にしている人がいるからです。

ご飯を作りたくないから、毎日コンビニの塩おにぎり1つ。

 

夏場で汗をかくのに、
お風呂は3日に一回などです。

 

他にも、歩くのが遅い事を理解していながら、
後ろから膝で押す。

靴を履きたいという子供に対して、
うるせえ!とビンタをする。

 

ですが、この様な虐待をしてる所を見せるのは
自分の家族やごく一部の人達にだけで、

外では良い母親を演じてます。

私自身も子供が居るので、そういった行為を
見た時はすぐに子供を庇って
母親を起こるのですが、全く反省はありません。

 

むしろ母親を怒ることにより、その矛先が
子供に向けられています。

 

いっそ子供は
施設に預けられた方が幸せなのでは?

と思ってしまいます。

 

【虐待】を無くすためには【何】が必要だと感じますか?

虐待を無くすためには、
母親の気持ちに余裕が必要だと思います。

金銭面の余裕や、周りの環境などです。

 

金銭がキツければ、自ずとイライラしてきますからね。

 

また、家族や両親の協力など周りの環境も必要です。

たまに気晴らしをさせてくれる、
両親などが居ればまだ母親も安心したり
心が休まるのではないでしょうか。

こんな家族はイヤだ・・・・・・⇓ ⇓ ⇓ 

私を鬼女にした毒家族
本当にあった女の人生ドラマ Vol.18 私を鬼女にした毒家族

⇓ ⇓ ⇓ クリック ⇓ ⇓ ⇓

>> 無料でマンガを読むならコチラ <<

 

体験談】「貴方は私の子供じゃない」

中学の時の友人の話ですが、彼女は自身の母親からの虐待に苦しんでいました。
「貴方は私の子供じゃない」
そう言われ虐待されていたそうです。
彼女は今もその頃の記憶からか
自身を過小評価したり自傷行為をくり返しています。

やはり自身の肉親となると
児童相談所等への相談はできなかったそうです。

肉親は血が繋がっているというだけで
誰しも情を持ってしまう存在かと思います。

もしだれかが幼少期から
彼女の異変に気づいていれば、彼女は今も
自分を責めたりすることはなかったのかな、と
彼女の腕にあるたくさんの自傷行為の跡を見るたびに思います。

【虐待】を無くすためには【何】が必要だと感じますか?

虐待を無くすためには地域コミュニティの強化が
必要だと感じます。

地域の人が異変に気付きやすい環境を作ることで
抑止力もあると思いますし、
虐待があったとしても早期発見が
できるのではないかと考えます。

 

私を鬼女にした毒家族

⇓ ⇓ ⇓ クリック ⇓ ⇓ ⇓

>> 無料でマンガを読むならコチラ <<

 

 

【虐待体験談】精神的におかしくなる。

自分が小学生のとき、
近所にネグレクトされている子がいました。

いつも服装が汚く、髪もボサボサでした。

私はおとなしかった為、その子に気に入られていて、
18時をすぎても家に帰そうとしてくれませんでした。

うちの祖母が迎えに来たときも
「隠れろ」と言われたりしました。

その子の親はみたことがありませんでした。
その子の家にも入ったことはありません。

借りたものも返してくれませんでした。

うちの親も仕事で忙しく夜遅かったため、
私も遊びに誘われると断れませんでした。

近所のいろんな子と遊びましたが、
その子は苦手でした。

だんだん私がその子を避けるようになり、
その子はいつの間にか引っ越しをしたようで
いなくなりました。

うちの親から、あの子は育児放棄されている子だ
と聞いたのは私が少し大きくなってからです。

うちの親も私をあまり構ってくれませんでしたが、
その子はもっと構われなくて寂しかったのかなと思います。

 

【虐待】を無くすためには【何】が必要だと感じますか?

こどもは親を選べません。

虐待まではいかなくても親に構われなかった子は
ずっと寂しい思いをします。

 

 

大人になってから相手に依存しすぎたり、
精神的におかしくなります。

仕事をしていても、忙しくても
しっかりこどもと向き合わないといけません。

 

親が愛情をもって接すれば
必ず子供に伝わります。

 

私を鬼女にした毒家族
本当にあった女の人生ドラマ Vol.18 私を鬼女にした毒家族

⇓ ⇓ ⇓ クリック ⇓ ⇓ ⇓

>> 無料でマンガを読むならコチラ <<

 

【虐待体験談】態度が明らかに違う。

私の知人ですが、子供がふたりで
何でも出来る上の子に対し、

下の子はちょっと発達障害?と第三者から見ても
思うような個性的なタイプなのですが、

親の下の子への当たりが強いです。

家から締め出したり、罵倒したり、
話しかけられてもずっと無視をしたり。

親の態度が上の子にも影響して、
家族みんなで下の子を つまはじき にして
いるのが分かっていたたまれないです。

ただ、ご飯を与えられていないとか、

殴られてあざがあるというような、

目に見えて明らかな虐待やネグレクトには

まだいたっていないようなので、
専門機関に通報するという感じでもなく
見守るしかないのが現実です。

【虐待】を無くすためには【何】が必要だと感じますか?

専門家の積極的な関わり。

親が育てにくいと
さじを投げている子の中には療育で

うまく伸ばすことができる発達障害の子

なども含まれているのではないかと感じる。

 

いない者、として扱う。鬼家族・・・・⇓ ⇓ ⇓ 

私を鬼女にした毒家族
本当にあった女の人生ドラマ Vol.18 私を鬼女にした毒家族

⇓ ⇓ ⇓ クリック ⇓ ⇓ ⇓

>> 無料でマンガを読むならコチラ <<

 

【虐待体験談】角材の上で正座させられる

昔の知人で、両親が離婚したあと
母方の祖母に預けられ、そこに同居していた叔父に
虐待を受けていた女の子がいた。

食事の時間によそ見をしたら
ご飯を取り上げられて捨てられる、

 

一言でも口答えをしたら何時間でも
角材の上に正座させられる、

叔父が嫌いな客(店をやっていたので)に
愛想笑いをしたら客が帰ったあとで
拳骨で顔を殴られる、などなど。

 


流血や歯が折れたりも日常茶飯事だったとか。

 

その叔父は躾だと言っていたそうだし
機嫌がいいときはご馳走も食べさせてくれたそう
なので、女の子本人は暗い感じではなく
あっけらかんと語っていた。

しかし、まだ小学校低学年の女の子の顔を
拳骨で殴るとか

膝の皮が破れるまで角材に座らせる
というのは、どう考えても虐待だろう。

祖母が亡くなってからは
家事などもさせられ、中卒で働かされたのですが、
仕事先の人が児童相談所につないでくれて
養護施設に入れられたとのこと。

娘がそんな目に遭っている間、
実の母親は上京して水商売をしていたようだけれど、
お金はおろか連絡さえよこさなかったらしい。

ネグレクトとか育児放棄とかのレベルじゃなく、
完全にいないもの扱いしていたようです。

あまりに悲惨な話です。

 

 

【虐待】を無くすためには【何】が必要だと感じますか?

 

 

「子供に暴力をふるわない」
「子供を搾取しない」

といった先進国の常識がない人は
日本にもまだまだおり、

しかもそれは親族や地域の気風として
受け継がれてしまう。

虐待は犯罪だということを、
テレビのバラエティ枠など多くの人が目にする場面で
打ち出していくべきだろう。

 

私を鬼女にした毒家族
本当にあった女の人生ドラマ Vol.18 私を鬼女にした毒家族

⇓ ⇓ ⇓ クリック ⇓ ⇓ ⇓

>> 無料でマンガを読むならコチラ <<

 

まんが王国 おすすめポイント

 

<TOPページに戻る>