子供たちが泣いている!ストーリーな女たちブラック Vol.8【実話】(T_T)

虐待に気づいてください。
身近な虐待の話やリアルなマンガを通して、まずは知ってください。




ストーリーな女たちブラック子供たちが泣いている!無料情報・感想・実話も書いています

ストーリーな女たち ブラック

子供たちが泣いている!あらすじ

ストーリーな女たちブラック Vol.8

 特集は「子供たちが泣いている!」

身勝手な親の虐待、
子供社会の壮絶いじめに苦しむ子供たち
を大特集!

巻頭作品は
実際にあった虐待事件をベースに描く
「叫び~届かぬ思い~」
(まんが/阪口ナオミ)

イジメを受けた子供時代をバネに
エリート街道をひた走るはずだった女の
まさかの貧困生活を描く
「名前のない女たち」

◆◆◆まずは無料で読んでみる◆◆◆

↓ ↓ ↓ クリック ↓ ↓ ↓

>>マンガ無料読みはコチラから<<

リンク先の右上にある検索窓で
  ストーリーな女たちブラック 
と入力するとすぐ読めます。

ストーリーな女たちブラック

 実話・虐待死させられた女の子 について


部屋の片隅で俯きながら正座させられてる写真が本当に不憫でたまりません。

顔を腫らした写真を見ると涙が出てきます。

本来なら元気溢れる3歳の女の子が
数時間もじっと正座するわけないと思います。

日常的に親から酷い虐待受けて
恐怖で支配されて心を閉ざしてたのが目に浮かぶようです。

身長195センチ、体重120キロの父親は、
身長1メートルに満たない息子を
ボウリングをするようにガラス戸棚に投げ飛ばし、
正座させて平手打ちしたようです。

 

かかとを頭に振り下ろしたりもしたということです。
暴行は約1時間半後、Lちゃんが
過呼吸とけいれんを起こしたところで終わった
ということで涙がでてきました。

母親は翌26日、Lちゃんに水や食事を与えたが、
嘔吐(おうと)などを繰り返し、
左耳からは血が流れていた。

「ママ、苦しい」と漏らしたという。

母親が「子供に熱があって、反応がない」
と119番通報したのは、
暴行から丸1日過ぎた27日未明。

Lちゃんは、搬送先の病院で死亡が確認された。

 

【虐待】を無くすためには【何】が必要だと感じますか?

先ずは児童相談所という赤の他人に任せるのではなく、
両親がしっかり監護できる仕組みを作ることが先決だと思います。

そのためには、離婚後の片親親権制度を改め、

共同親権とし、子供の養育計画の義務化と、

親へのカウンセリングも

離婚に関しては義務化するべきだと思います。

又、子供の監護を

盲目的に母親に決めつけるのではなく、

経済力のある側とすることも考慮すべきだと思います。

 

ストーリーな女たちブラック

 

 実話・流しの食器にうじがわいて

 母の教えている小学校の生徒の中に
中国人の母親が病気になったか、あるいは
出て行って(中国へ帰ってしまった?)ネグレクト。

 

日本人の父親は仕事が忙しく、
ほとんど家にいなくて、その子自身は
まだ小学校3年生で幼い。

 

まったく家事ができなかったので、
母が行った時には台所がひどいことになっていた。

流しの食器にうじがわいてしまっていた。

部屋もひどく汚くなっていたところに、
その子がいたそうです。

その子は最終的には近くにある
養護施設に助けられて、
今は立派に中学校へ通っているそうです。

 

【虐待】を無くすためには【何】が必要だと感じますか?

子どもに対するケアももちろんですが、
母親へのサポート、あるいは

どうしても育てられない人が
虐待をせずに子どもを抵抗なく
預づけられる環境が必要だと強く思います。

ストーリーな女たちブラック

ストーリーな女たちブラック
 Vol.8 子供たちが泣いている!
ストーリーな女たち ブラック Vol.8 子供たちが泣いている! ⇓ ⇓ ⇓ クリック ⇓ ⇓ ⇓
>>>まんが無料読み <<<

これは現実。

 

「どうして虐待がおきるのか」

を覗いてみてください。

 

決して「関係ない」事ではないことがわかると思います。

 

虐待は周りに被害を出すこともあるのですから・・・・・

ストーリーな女たちブラック

ストーリーな女たちブラック

Vol.8 子供たちが泣いている!


⇓ ⇓ ⇓ クリック ⇓ ⇓ ⇓

>>>マンガ 無料読みはコチラ <<<

*リンク先で
ストーリーな女たちブラック
と入力するとすぐ読めます。

ストーリーな女たちブラック

 

 実話・アルコール依存症の父


自分が子供のころのことです。
私と、両親、父方の祖父母が一緒に住んでいました。

物心ついた頃から、父はビールが好きで、
おそらくアルコール依存症だったのだろうと思います。

働いても、給料を家に1円も入れず、飲み代とパチンコに使っていました。

母は、家事をしながら、
内職をしたり、働きに出たり。

祖父母や叔母からも色々と言われてストレスが溜まっていたのでしょう。


そんな家庭に産まれ育ったので、
いつも親の顔色をみていたようです。

 

自分が特に何も悪いことをしていないのに、
浴槽に入れ蓋をされ、出られないようにされました。

このようなことは何度かあり
大人になった今、自分は子供の頃、
親から虐待を受けていたんだと思います。

 

【虐待】を無くすためには【何】が必要だと感じますか?

親が子供に対する虐待をなくす事は
難しいと思いますが、

妊娠をした段階で、母親・父親両方に対し
虐待が子供に与える影響を何度も何度も指導する機会を設ける。

近所に住んでいる方、友達、先生等
社会全体で、「もしかして、あの子は虐待を受けているのかも知れない」


と思ったとき、それが間違いでもいいから、

児童相談所等に連絡をし、
連絡を受けた相談所の職員が常に様子を見られる体制をとること。

 

虐待をするような人でなくても、
子供が泣き止まない等のストレスから虐待をしてしまうケースが多いと思います。

そんな時にはどうすれば良いか、
子供が産まれる前から指導をしていく。

等でしょうか。

 


虐待をなくすためには、社会全体で
虐待をなくす努力、場合によっては、
虐待防止のための法整備
も必要かもしれません。

 

 

 実話「子供を産まなければ良いのに」

私にも子供がいます。

子供が生まれる前は、
虐待で子供が亡くなった、
怪我をしたなどというニュースが流れてくると、

「そんなことをするんだったら子供を産まなければ良いのに」と思っていました。

また、虐待をしてしまいそうであったり、
一度でもしてしまったら
児童相談所に相談して、

児童養護施設に一時的でもいいので
保護して貰えば良いと考えていました。

でも、実際、自分に子供が生まれてみると、
本当に自分の時間なんてありません。

 

新生児の時なんて、
1日全てが子供に捧げる時間になってしまいます。

それは、昼夜関係なくです。

睡眠時間を捧げ、自分のしたいこと、
趣味の時間も全部捧げます。

そんな毎日が何ヶ月も続き、
ストレス発散したくても
預け先がなければ、外出もままなりません。

夜泣きにより睡眠不足。

洋服を見ている時に騒がれて
見たいものも見れず、肩身の狭い思いも何度もしました。

子育ては孤独だと思いました。

そんな生活の終わりが見えず、
もう相手にしたくない、
何もしたくないと思い、

泣いている子供を抱っこもせず、
放置したこともあります。

30分くらいで泣き疲れて寝てくれましたが、
今考えるとネグレストだったのではないかと思います。

どんな人にも虐待する可能性はあるんだと思います。

だから、子育ては一人でするのではなく、
家族がいなければ、地域の人、
自治体を巻き込んでしてもいいのだと思います。

子育ては孤独だと感じたら、
誰かに話をしてみることで
虐待は少し減少するのではないかとかんがえています。

 

【虐待】を無くすためには【何】が必要だと感じますか?

誰かの協力。話し相手。
一人で抱え込まないことだと思います。

 

ストーリーな女たちブラック
 Vol.8 子供たちが泣いている!
ストーリーな女たち ブラック Vol.8 子供たちが泣いている! ⇓ ⇓ ⇓ クリック ⇓ ⇓ ⇓
>>>まんが無料読み <<<

 

 


 

< TOPページに戻る >